Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2011/04/25

それってなあに

君と僕は、似ているところがある。
それを君が好むかどうかは別として。

そんな僕は、若かりし頃の自分を見ているように、君を見ている。

君には、早く、抜け出してもらいたい。
君に知ってもらいたいんだ。
自分の作品を世の中に出す恐れよりも、
それを幾度となく繰り返して行く道中にある、様々な出逢いと感動を。

自分はもしかして感性に溢れた天才的な才能の持ち主なのではと思う瞬間と、
自分はなんてとるに足らない戯れを続けている才能なしなんだと思う瞬間。
それは、僕らのような人間に毎秒、毎分、毎時間に囁かれる天使と悪魔の声だ。

けれど、続けていく時間の中で、きっと君は楽になる時を知るよ。
僕らの仕事が、表現すること、それ自体ではないと気がついた時にね。

僕らの仕事は、作品を介在に
見知らぬ誰かの心とコミュニケートできる、ラッキーな仕事。
それと同時に、人から評価されるっていう恐怖がつきまとう仕事なんだ。

でも、今迄もそうだろう。

恥と最高を繰り返しながら、僕らは成長してきたはずだ。
辛いと嬉しいをたくさん感じてきたはずだ。
だって一年前、いや、もっとずっと前の自分に比べれば、
今の自分は柔らかくなっているだろう?
僕自身、50代を目前にして自分が大きく変わってきたよ。
今日に至る迄にたくさんの失敗と辛酸を舐めてきたような気がするけど
闘い続けていたら段々と楽になってきたんだよ。
プライドで塗り固めていた心が柔らかくしなやかになってきたんだろうと思う。

君はまだ、26歳だろう?
君に初めてあったのは、確か、22歳?
その時の君と今の君も、もうすっかり、いや、随分と変化しているよ。


こんなことが起きてしまった、世の中。
君は、自分の作品について少なからず恥やジレンマを感じているような顔をしている。
恋や愛や、若者の孤独や、盲目さについてを描いた作品が、
自分自身から生まれてしまったことにね。

でも、まってよ。
ちがうと思うんだ。

僕らがつくろうとするモノは、いかなる歴史の中でも、
いつだって”生きるためにもっとも不必要な産物”だったはずだ。
社会性のあるなしじゃないんだ。
芸術なんて、本当は生命には関係のないものなんじゃないかな?
ちなみに、僕は芸術という言葉が大嫌いだ。
今は便宜上、つかってみたけどね。
失敬 ー。



いつだったか、君が今日と似たような顔をしている時があったね。
僕は覚えてるよ、あの時の君が呟いたことを。

 自分は、まるで霞を喰うように、世間の役にも立たず、
 家族の役にも立たないままに日々を暮らしています。
 わたしが長い間してきたことは、なんて無駄なことなのだろうと思います。
 いつだってやめてしまいたいと思います
 でも、やめられずにズルズルきてしまった。
 飽きっぽいわたしが、唯一続けてこられたのがコレなんです。
 こう表現するのは、綺麗事だってわかっていますが。

たしか、こんな感じだったかな?君が言ったのは。

「君が憐憫を抱えるのは、勝手だ。」

そうやって突き放してしまうことだって、僕にはできる。
でも、しない。
だって、僕たちみたいなある種の世の中の役立たずは、
きっと全員、どうしようもない自分自身に憐憫を抱えているからね。


長くなった。

そして僕らの会話は混乱に迷い込みはじめているね。
だから珈琲を飲み干して帰り支度をする前に、これだけは言っておこう。

君はこれからもずっと、迷いと怯えを抱えていることになるかもしれない。
けれど、誰かが君に、ソレをやれって命令してる訳じゃないんだ。
だから、君よりも数十年先を生きてきた僕が言えることは、まあ、一つかな。

信念の置き所が、心を強くしてくれるよ。

じゃあ、『信念』がなんなのか。
それは、決心して持てるものじゃあない。

それはね。
だたじっと、黙って、ひたひたと。
考えて考えて、前に進み続けていたあと、君が後ろを振り返った時に、気がつくもの。
まあ、そんなもんだよ。

最初にも言った。
君と僕は似ているところがある。
飽きっぽい僕が、唯一20数年間続けてこられたのが、演劇だ。

君にとっての ”ソレ”は、なに?

2011/04/23

{ Music } Make Some Noise / Beastie Boys


《 Make Some Noise (2011) / 『Hot Sauce Committee Part Two』より 》


 全世界 Beastie Boysファンよ、熱狂せよ。
 全宇宙に散らばるBeastie Boysフリークよ、刮目せよ。


 気がつけば3年、待ちに待ったBeastie Boysの最新アルバム

 『Hot Sause Committee Part Two』(ホットソースコミッティーパートツー)が
 いよいよ来月5月、発売なのである!!


 何はともあれ、

 この素晴らしくBeastie Boysらしく
 面白さ200%、完成度1,000%のミュージックビデオを観ながら
 思う存分『Make Some Noise』(メイクサムノイズ)の素晴らしさを堪能してほしい。


 ファンならきっとこのMVの仕掛けに気がつくはず…ふふ。





《 (You Gotta) Fight For Your Right (To Party) (1986) / Licensed to Illより 》


 もう、おわかりいただけただろうか。
 ここまでくればファンじゃなくてもこのネタ意味が分かったかもしれない。

 今回発表された先行シングル『Make Some Noise』のミュージックビデオでは、25年前に制作され、ヒップホップ業界に激震を走らせたBeastie Boysのデビューアルバム『Licensed to Ill』(ライセンストゥーイル)に収録されていた(You Gotta) Fight For Your Right (To Party) 』(ファイトフォーユアライト)という曲が元ネタになっているのだ。

 いわば、25年前のストーリーが時空を超えて(演者も代えて)、ニューシングルのミュージックビデオの世界で復活してしまったという訳。




《 Fight For Your Right (Revisited) Full Length / ラストシーンにあの悪ガキも登場! 》


 このミュージックビデオは、2009年頃から病気の治療のために音楽活動から離れていたMCA(わたしのヒーロー!)が、自ら監督を担当したミュージックビデオらしい。


 この超ど級のサプライズにを知ってしまったファンとしては、今後しばらくはこのMVをネタにしてしまいそうだ。Beastie Boysを知らない人が、彼らの音楽の素晴らしさを知るきっかけになるならば、わたしはSNSを通して何度でも紹介するだろう。たとえ頼まれなくても。

 それほどまでに、Beastiesの活動再開はビックニュースだ。
 MCAの体調が良くなったということなのだろう、心から嬉しい。


 このミュージックビデオ、楽曲シーンだけのダイジェスト版をトップで紹介したが、実は30分にも及ぶ短編映画もある。爆笑シーン満載のコメディタッチでMCAとBeasties本来のシニカルなユーモアや、悪ガキらしいセンスが存分に表現されている。きっと素晴らしいミュージシャンとしてのMCAだけでなく、映像監督としての彼の才能を知ってしまう人も多いだろう。今からでも遅くないので、このブログを読んでくれたアナタ様も、Beastie Boysのファンになってはどうか。(ちなみに1998年に発表された『Intergalactic』でもMCAは監督している)

 しかもこのMVの何が凄いか。映画ファンなら興奮しただろう。そうなのだ、出演しているのである。ホビットや、グリーン・ホーネットや、トロピック・サンダーの爆弾男が出てくるのである。

 俳優のElijah Wood(イライジャ・ウッド)Seth Rogen(セス・ローゲン) Danny McBride(ダニー・マクブライド)の3人が、なんと豪華(爆笑?)にも、Ad-Rock、Mike D、MCAのBeastie Boysの3MC役として出演しているのである!!
 なんという意表をつきつつも絶妙なキャスティングをしてくれるのだろうか。
 イライジャ・ウッドと若かりし頃のAd-Rockがあまりにハマりすぎて、わたしには見分けがつかなくなりそうだ。爆

 しかしこれだけではない、Steve Buscemi(スティーブ・ブシェミ)Chloë Sevigny(クロエ・セヴィニー)Kirsten Dunst(キルステン・ダンスト)Orlando Bloom(オーランド・ブルーム)Will Ferrell(ウィル・ファレル)Jack Black(ジャック・ブラック)など、そうそうたる有名俳優たちが超ど級の豪華出演していたことでも話題性は抜群だった。
 なぜか未来からやってきたもう一組のBeastiesの3人役も出てくる、そのキャスティングも爆笑必至なのでお楽しみに!
 その他にも、ワンシーンごとに著名な俳優達が出てきているので彼らを探すのも楽しみにしてほしい。ローラ・ダーンやスーザン・サランドンなども出演している。
 ちなみに、スケートボードに乗ったティーンエイジャーとすれ違うワンカットがあるが、あれはMCA本人の娘さんのテンジン・ロセルらしい。(ずいぶん大きくなったなあ、などとファンとしては感慨深い…。)
 そして特にBeastiesの熱いファンたちは、ラストシーンにでてくるNYPD(ニューヨーク市警)の警官3人組にどうぞ注目して欲しい。その登場の仕方が『おいしすぎ』て、あの悪ガキ連中(今ではちょい悪おやじか?)への愛がますますたかまるはずだ。
 この突っ込みどころ満載すぎて、何年たっても語り尽くせないであろう素晴らしくBeastie BoysらしいMVの発表によって、MCAとBeastie Boysが再びミュージックシーンにカムバックしてくれるという期待は高まるばかりだ。
 Beastiesを聴いて頭を打ち抜かれるような衝撃を受けたのは中学の時だったが、すっかりアラサーの仲間入りをしてる2012年現在でも彼らへの熱がまったく冷めそうにない。


 おかえり Beastie Boys!!!
 おかえり MCA!!!



2011/04/20

音楽家の言葉

最高の演奏をした後
弾けなくなってしまう人がいます
こんな演奏は二度と出来ないかもしれない
そう恐れるからです

けれど、音楽を続けている限り

再び最高の瞬間は何度となくやってきます
だから、そう、私たちは
最高の演奏を求めて
また次の音楽に向かうのです

次の音楽に向かうのです