Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2012/01/31

{ Music } The 2 Bears / Be Strong




The 2 Bears

>>  http://www.the2bears.co.uk/

The 2 Bears (ザ・ツー・ベアーズ) / from  ロンドン UK


この熊さんたち大好き。まだアルバム出てなかったんだな。

『Be Strong』なんて、リリースされたのはだいぶ前じゃなかろうか。

作業用のBGMとして、ナイスな熊さん。

Sound Cloudでまさかの全曲フリー配信です。


 「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

2012/01/29

Fとアラブの血

《 わたしたちの好きなもの 本と美容 》


親友のFが、わたしの部屋に泊まりにきてくれた。



Fとは、20歳の時アルバイト先で出逢った。

出逢ったその日から、わたしたちのおしゃべりは尽きない。

生涯のソウルメイトと出逢える確率はきっと低いから、

わたしたちはお互いにラッキーだと思う。

今夜彼女は、久しぶりに会ったからと言ってお土産を持ってきてくれた。

今夜もたくさんのおしゃべりと、たくさんのプレゼントをありがと。

シリアの首都ダマスカスのことを知って、

彼女の血に半分流れている国のことを、もっと知ろうと思った。

豆や野菜を上手に調理した、

アラブ圏の美味しい料理を教えてくれたのも、彼女だ。

彼女はいつも、ふざけてわたしにこういう。


「あなたにも三分の一くらいアラブ人の血がはいちゃったね。わたしと一緒にいるから!」


この言葉を聞く度に、

いつもわたしを笑わせて幸せにしてくれるFが、
誰よりも幸せになれますようにと、わたしは少しだけ祈っている。

2012/01/26

{ Music } MUTEMATH / Odd Soul Tour 2012





MUTEMATH Live / Odd Soul Tour 2012

MUTEMATH/Odd Soul Tourのトレイラーが公開されました。
昨冬ライヴの興奮が蘇ってくる!!!

間違いなく、わたしが昨年体験したライヴの中で
ベストアクトはMUTEMATHでした。

『観客を熱狂の渦に巻いた』とは、彼らのようなバンドマンにこそ許されると思います。

アルバムのタイトル曲の『Odd Soul』も、もちろん最高だけど、
敢えて今日は、『Prytania』をセレクト。

聴けばわかる、
この中毒ロック音楽ミュートマス。



《 Prytania 》




「また読んでもいいかな」と思ったら



「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

2012/01/24

{ Fashion } PRADA Men's Collection 2012-2013 Fall Winter


《 PRADA Men's Collection 2012-2013 Fall 


プラダのショーにハリウッドを代表する俳優9人が登場。



 Alexandre Carril, アレキサンダー・カレル
 Adrien Brody, エイドリアン・ブロディー
 Emile Hirsch, エミール・ハーシュ
 Garrett Hedlund, ギャレット・ヘドランド
 Gary Oldman, ゲイリー・オールドマン
 Victor Carril, ヴィクター・カリル
 Tim Roth, ティム・ロス
 Jamie Bell, ジェイミー・ベル
 Willem Dafoe, ウォレム・デフォー

若手からベテランまで、俳優たちのウォーキング。

ゲイリー・オールドマンがすごくいい。
プラダのショーモデルにも負けないオーラはやっぱりすごい。
エイドリアン・ブロディもなかなか。

でも、ティム・ロスはやっぱりヘラヘラしてました。


ウォーキングはモデルさんに任せた方が良さそうですね。








「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

2012/01/19

{ Music } THE LONELY ISLAND from SNL

《 ニューアルバム『タートルネックアンドチェーン』← 笑 》

 THE LONELY ISLAND(ザ・ロンリーアイランド)は、アメリカのコント番組サタデー・ナイト・ライブ』(SNL)出演していたコメディグループのこと。

 放送作家としてコント台本も書くし、コメディ俳優として自分たちで演じるし、ミュージシャンとして楽曲も制作し、そのコミックミュージックのクオリティが相当高い!!ということで、『バカらしく・笑えて・カッコいい』みたいな三拍子が揃って大人気になりました。


 知名度が上がってからはミュージックビデオに大物ミュージシャン(マイケル・ボルトン、リアーナ、レディー・ガガ、アダム・レヴィーンMaroon5、エイコン等)や俳優さん(スーザン・サランドン、ナタリー・ボートマン、マット・デイモン、ジェシカ・アルバ、ブレイク・ライブリー等)がたびたび登場するようになって、アメリカ特有のパロディギャグのセンスが冴え渡っています。わたしもYouTubeの人気動画ではじめてみてから大ファンです。


 中学生男子レベルの下ネタ全開の歌詞なのに、音楽はとにかくハイクオリティーで、HIPHOP、RAP、R&B、CLUBとジャンルの幅も広く、あまねくカッコいいところがにくい。近年はグループで映画も撮ったりしています。もちろんコメディ映画。


 わたしのオススメはジャスティン・ティンバーレイクとコラボしたシリーズ3部作。数年おきに制作されているけれど、下半身のだらし無いオトコノコ2人組のストーリーが3部作でしっかり繫がっています。


(全部ホントにくだらないから、こういうの嫌いな女子は注意。)





Dick In a Box《 feat. Justin Timberlake 》


”箱に入れてる” オトコノコたち。第1弾


当時はまだアイドルだったジャスティン・ティンバーレイクのことを、

一気に好きになったきっかけがこの映像だった気がする。
歌もうまいし、アイドルが下ネタOKって好感度高いわー。





Motherlover《 feat. Justin Timberlake 》


大女優の貫禄ですね。第2弾。


Dick In a Boxから五ヶ月後の話し。

牢屋から出てきた2人は”ママだいすき”。





3-Way 《 feat. Justin Timberlake & Lady Gaga 》



ガガ様 降臨。第三弾。


三部作の中でいちばん好き。

”3人で” でも、オンナノコが真ん中っていうゴールデンルールがあるから
俺たちはゲイじゃないし大丈夫だ、と思ったけどまさか?って話し。




Jizz In My Pants 



おまけ。スーパーの清掃員にジャスティン・ティンバーレイク登場。

”はやい” オトコノコたちの話し。





I Just Had Sex《 feat. Akon 》


これが噂の、世界で2億回再生されているエイコンとのフューチャリング曲。

「俺、”した”よ!」と言ってるだけの歌詞。
なのに、なんなのこの格好良さ。





Jack Sparrow《 feat. Michael Bolton 》



マイケル・ボルトンをキャスティングする、そのセンス。

船の上で無茶苦茶やらせる、そのセンス。





Shy Ronnie 2: Ronnie & Clyde《 feat. Rihanna 》


『ボニー&クライド』のパロディですね。

リアーナたんは、コメディやらせてもクールですね。




「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

2012/01/12

Notes 13. 14. 15.

Notes 13.

 今朝みた夢の話。



 伊集院光氏に子猫を5匹たくされる夢をみた。

 これって何の暗示?







Notes 14.

 "やりたいこと" が、

 根本的には変わらない人たちへのうらやましさと、

 "やりたいこと" が、

 どんどんと枝分かれしながら変化していく自分について。






Notes 15.

 外の世界や誰かに対して、憧れや、嫉妬もあるけれど、 自分の生活への満足や、好奇心や、興奮だって充分あるのだ。


 外界ばかりに目を向けていると、 日常の微細な感覚の素晴らしさを忘れがち。


 自分の、半径3メートル以内の世界に、わたしが語りたいことの全ては、今も昔もあるのだ、たぶん。それを忘れちゃイカン。

2012/01/11

{ NEW ITEM } Five Polish Pottery

《 家族への新年プレゼント 》

《少しずつでもいいから、本当に良いデザインのものを手にしたい》


Polish Pottery(ポーリッシュポタリー)のマグカップ、家族全員分になりました。


姉夫婦のが増えたので。(来客用ともいいますが。)


いくつでも欲しいな、この陶器。


黄色の水玉がわたしのです。

2012/01/10

{ NEW ITEM } DURALEX France



《 この裏の刻印がすきなんだよな 》


《この茶色シリーズの食器をいろいろ集めてます》



《少しずつでもいいから、本当に良いデザインのものを手にしたい》




ずっと欲しかった茶色のDURALEXを3個買いました。

かわいい。

牛乳入れると優しい色合いになります。
さらに かわいいです。

耐熱ガラスなので、電子レンジでもつかえます。
安くて良いもの、グッドデザイン。

{ とり食堂 } 和風白菜サラダ

《 正月気分だしね 》



先日、知り合いの主婦さんから教わったばかりの白菜のサラダをつくってみた。


これがシャキッと甘くて美味い。

ナイスアイディアな一品。

教わったバージョンのドレッシングはマヨネーズだったけど、

和食派な年配の両親のために柚子胡椒とポン酢と
EXV.オリーブオイルの和風味サラダにアレンジしてみました。

炒り胡麻ときざみ海苔もなかなかいい感じ。

そして、ピンクはお正月の残りのかまぼこです。
彩りと食べ応えのためにもね。



「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

2012/01/05

{ Music } 60's and Elvis Presley


《Elvis Presley - A Little Less Conversation (original 1968 version)》




60'sのファッションはだいすきだ。


ミニスカートとツィギーが世界を席巻だ。

睫毛だって5枚重ねで。

しかし、エルビスがこんなにもセクシーだなんて。





「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

2012/01/03

{ とり食堂 } チキンのハーブ焼き

《 美味しくなぁれ 》


昨年のクリスマス時期に、

フランス料理が上手な親戚のお姉さんに習ってました。

何度もつくって、自分のアレンジもしながら、

いちばん美味しい味になあれ。

▶過去ログ参照

 2011.12.20  [ とり食堂 ] 南仏料理をつくってみたい



「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

2012/01/02

{ とり食堂 } MICHELE CHIARLO BAROLO 2006

《 MICHELE CHIARLO BAROLO 2006 》


ミケーレ・キアルロがつくるワインを、女の人に例えてみよう。



いわゆる底抜けに明るくて、肉感的で、

夏はみんなキャミソールやビキニで、おへそ丸出しで、
肌にたくさんのそばかすがあって、
太陽サンサンでカラフルな国で育ったイタリア女性って感じじゃなく、

小津安二郎の映画に出てくるような、

几帳面なAラインのサマーワンピースを着て
畳に正座しておしゃべりするような、
控えめで大げさに笑ったりしない、昭和の日本女性という印象がする。


感動ワインじゃなかったけど、バローロはやっぱり美味しかった。




「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ