Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2012/03/22

{ とり食堂 } ルッコラの温かいグリーンサラダ

《 イタリア語でルッコラ、英語ではロケット 》


Green Rocket Salad 

最近はサラダを食べるとき、
温かいドレッシングを作って生野菜と和えるのにはまってる。

 レンコン
 舞茸
 オクラ
 エキストラバージンオリーブオイル
 バルサミコ酢
 塩・胡椒

これらをフライパンでジックリ炒めて塩・胡椒をパラリ。
野菜は歯ごたえを残す為に大きめに切る。
ただ、薄切りのほうがオススメ。

これを、新鮮なルッコラの葉に温かいまま和えて、
さいごにパルミジャーノチーズをかければ完璧な一皿に。

食べ応えのあるサラダは野菜だけで満足できるので

2012/03/03

{ Cinema } Pina - Dance, dance, otherwise we are lost


《 Wim Wenders / Pina ( 2011 )》




Dance, dance, otherwise we are lost.
〜Pina Bausch〜

踊り続けなさい、自らを見失わないように
〜ピナ・バウシュ〜


『 Pina 』公式サイト:http://pina.gaga.ne.jp

 監督:ヴィム・ヴェンダース
 出演:ピナ・バウシュ / ヴッパタール舞踊団のダンサーたち


2009年に、この世を去った天才舞踊家ピナ・バウシュ。
彼女が最期に遺したものとは­―。今、3D映像で鮮烈に蘇る! 
独自の舞踊芸術で演劇とダンスを融合させ、舞踊界に新しい世界を確立した天才舞踊家ピ­ナ・バウシュ。2009年に亡くなった彼女の人生そのものともいえるヴッパタール舞踊­団の不朽の名作を捉えた映像を、ドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダースが3D映画化!ヴッ­パタール舞踊団が表現するピナの作品を、最新の3Dカメラを使い新たに撮影し、本年の­ベルリン映画祭にて披露された本作は世界中から絶賛を浴び、ヨーロッパ各国で大ヒット­を記録。
人智を超えた身体表現を最新3D技術で捉えた、未知なるエンターテインメント。
今、五­感が戦慄する衝撃と、心を愛で満たす感動を、あなたに──。



 PINA - Dance, dance, otherwise we are lost - International Trailer 》


予告編でこんなに涙したのは久しぶりだった。

この映画をみたらきっと、

日々を生き易くするために身体の奥深くに隠してしまった素直な感受性が、
皮を剥いだ生肉のように外気に対してむき出しになってしまうだろう。
そうしたら、もう傷つかない為の自己防衛が出来なくなってしまうのでは。

それでも観たい。

とても怖いけれど、生命の歓喜を込めた好奇心には勝てない。


 「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら
にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ