Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2014/02/14

{ Music } 初恋に捧ぐ/初恋の嵐

 わたしは昨年、とんでもなくどうしようもない片想いを経験し、相変わらず恋に恋して爆走、そこからの妄想、さらには暴走という、どうしようもない夏を過ごしてしまった。そして秋頃には「もう当分、恋とはおさらばだわ…」という、傷心からくる逆振れリアクション、もしくは防衛本能とも言える『No More 恋愛!』宣言を友人たちを相手に繰り返していたのだった。
 20歳の頃と相変わらぬ未熟な恋愛観を繰り広げるわたしの姿に、またもや友人たちに大きな溜息をつかせ多いに呆れさせていたわけだが、彼らにとってはいつも通りの展開だったかもしれないが。

 そしてその宣言通りというべきか、春を目前にした現在、自分の今後のキャリアについて(数年ぶりに)真剣にフォーカスしているため、恋愛にアンテナが向けられる余地もなく、そして哀しいかな、はっきり言って出逢いもなく、地味な転職活動を継続中だ。

 そんな日々の中、久しぶりに素晴らしい音楽を聴いて恋愛体験の輝きことを思い出した。思い出させてくれたのは、初恋の嵐というバンドの音楽だった。





 初恋の嵐による『初恋を捧ぐ』というこの音楽。なんという軽快なポップチューンか。

 かつてわたしが中学生の頃に愛した90年代のジャパニーズポップスそのものだった。そして、この楽曲と共に恋愛の思い出にまつわる明るい光景の手触りが一気に押し寄せてきた。
 
 わたしはこれまで、直球型の幼い恋愛を繰り返している自分自身をかなり恥じていたが、この楽曲を聴いたことで、毎回の恋愛の中、初恋のような感覚を持ってきた自分は案外幸福で、とんだハッピー野郎じゃないかという解釈にかわった。なんとポジティブだろうか。
 恋を愛へと育むように成熟していきたいと思いつつも、恋の嵐に巻き込まれる夢中な感覚も忘れたくないなどと思った。

 そして25歳で亡くなってしまった『初恋の嵐』のボーカル西山達郎氏が、90年代を代表する偉大な詩人であったことを受け、「誰かもっと早く教えてよ!」と叫びたくなった。

 西山達郎氏の繊細な感受性と、言葉を話しはじめたばかりの子供のような率直で偽りのない表現力は、初恋の初々しくも痛ましい真理をポップチューンに乗せて見事に歌い上げている。
 本当に素晴らしい作品に多様な解釈を施すことはナンセンスだと、かつてスーザン・ソンタグ女史は『反解釈』の中で書いていたが、この楽曲こそ、まったくその通りではなかろうか。作品は作品そのもので受け止めるしかなく、難解な解釈の余地はないと、号泣して聴きながら考えていた。


  全てを台無しにするような
  大切なものを 心に放り込んでくれないか
  夢から醒めたいんだ 僕に答えを見せてくれ


つまりそう。初恋とは、そういうものなのだ。




***


ご訪問ありがとうございます :)


 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿